事業者向けのビジネスローンとは

 

一般的なカードローンは、個人を対象としたサービスです。それに対して、ビジネスローンとは、事業者を対象としたサービスとなります。(ビジネスローン)個人向けのサービスと比べて多くの金額の借入が可能となっており、事業の資金繰り等、様々な場面で活用をする事が出来ます。担保や保証人が必要となる場合もありますが、担保や保証人を必要としないサービスもあります。担保や保証人がない状態で利用をしたいと考えるのであれば、事前に条件についてしっかりと確認をしてく事がおすすめです。ただ、審査に通る可能性を高めたいのであれば、保証人を用意しておくという事も有効です。そんなビジネスローンの審査で必要になってくるのが、決算書や事業計画書です。事業者向けと聞いた場合、事業を始めたばかりでも利用可能なのではないかと考える人もいますが、少なくとも2年以上の実績がある方が望ましい状態となります。

長期の実績があるのであれば、利用できる可能性は高くなります。事業計画書が必要な場合は、その内容も重要になってきます。ビジネスローンを利用したいと考えたら、利用したいという気持ちをしっかりと説明したいと考える人は少なくありませんが、それよりも会社の強みや、事業内容に関する説明等をしっかりと書いておく事がおすすめです。それによって、しっかりと返済をしていくだけの利益を出せるというアピールに繋がります。そんなビジネスローンの審査には、数日かかる事があります。個人向けのカードローンの場合、即日審査が増えてきており、ビジネスローンの場合も、最短で即日となっている業者も存在しますが、数日は必要と考え、余裕を持って申込みをしておく事がおすすめです。決算書等の準備は手間がかかると考えてしまう人もいますが、事業向けの本格的な融資に比べると、手軽に申込が可能で、審査も短期間で済むようになっています。ですから、事業目的でいつでも使えるお金を借りたいと考えたら、ビジネスローンの活用がおすすめです。

意外と簡単なビジネスローンの審査

 

個人事業主など毎月の売上に変動がある方の強い味方に、消費者金融のビジネスローンがあります。会社やお店を経営していると、経費の支払いや従業員の給料を毎月準備しなければなりません。収入が多いときは考えることもないでしょうが、いざ激減してきたときにあわてないよう日頃から準備をしておく必要があります。貯蓄があれば理想ですが、あまりないという場合はビジネスローンを活用するのもひとつの経営です。会社や申込者本人の収入によって融資額は多少変わってきますが、消費者金融の場合、利率等にさほど差はありません。審査も比較的簡単で、申込みから融資まで1~2週間程度で簡潔します。審査が通れば即融資も可能で、来店不要で融資してくれる会社もあります。ビジネスローンの審査というと、たくさんの書類を提出したり確定申告の内容を確認されたりと、時間も掛かり難しいイメージがありますが、意外と簡単です。ただし、確定申告は毎年必ず行っていることが原則です。

申告の書類はたいてい2年分が必要です。青色申告の場合は、決算書と貸借対照表などのコピーを取ってください。後は個人の確認のための書類が必要です。こちらは免許証などのコピーで構いません。免許がない場合は、住民票等の提出になります。書類が揃ったら郵送するだけで、簡単に申し込みが完了します。融資額にもよりますが、50万円程度でしたら審査に落ちる心配はないでしょう。それ以上の融資を希望するのであれば、現在の借入状況や事業収入の規模なども審査の対象になります。簡単に申込みできるからといって、いろいろなところから借入をしていると、いくらビジネスローンとはいえ審査に落ちてしまいます。小さな事業の場合、まったく借入なしで営業を継続するのは難しいでしょうが、なるべく少ない借入で経営を続けていくのが理想です。普段から経営状態をしっかりと把握し、上手にビジネスローンを活用していくことが大切です。

銀行系などビジネスローンを比較する

 

ビジネスローンとは事業融資のことで、事業性のある目的に対してのみ利用することが可能です。事業融資は銀行だけでなく消費者金融業者や信販会社も取り扱っています。一般的なカードローンと同様に即日融資を受けることができる場合もあります。基本的に銀行系以外のカードローンは貸金業法の適用を受けるため総量規制の対象となり、年収の3分の1を超過する融資を行うことができません。一方ビジネスローンは総量規制の対象外とされます。銀行系のカードローンであれば、用途も問われず法的な融資限度額の規制もないため事業目的として利用することが可能です。また一般的に低いためコストを抑えて融資を受けることができます。各カードローン会社では独自の融資限度額を定めており、300万円から1000万円の間に設定されるのが一般的です。

少額の資金を調達する場合であれば、銀行系カードローンをビジネスローンとして活用することもできます。ビジネスローンの特徴は、総量規制の適用を受けず莫大な額の融資が可能という点にあります。三菱東京UFJ銀行の提供する融活力では5000万円が融資限度額とされます。三井住友銀行の中小企業向け事業融資であるビジネスセレクトローンの融資限度額は1億円です。一般的なビジネスローンは、銀行系・非銀行系ともに300万円から1000万円ほどに設定している事例が多数見られます。融資を受けるためには代表取締役が保証人になることや、保証会社をつけることを求められる場合があります。一方でビジネクストのように保証人が不要な場合も存在します。基本的にビジネスローンは無担保で利用することができます。また即日融資が可能な場合もありカードを使用して容易に追加融資を受けることができるため、緊急の事業資金が必要となった場合に有効です。ビジネスローンを利用するためには基本的に2年以上の業歴が必要とされますが、1年以上でも融資を受けることができる場合があります。融資を申し込む際には事業と資金に関する計画を明確にすることが必要です。

カードローンの借り換えを検討するときに肝心なのが

 

年々利用者が増加しているカードローンの借り換えとは、利子の負担や長期に及ぶ借入金返済負担を減らすために、現在の借入先を除く金融機関に借入先を移す行為のことです。総量規制により規制が掛かるのは、一個人が資金を借用する場合だけと決まっています。そんな訳で、私人が業務のための資金として借り受ける場合は、総量規制の対象からは除外されます。24時間365日即日融資でお金を入れてもらえるというわけではありません。たいていの業者は土日祝日を除いた平日午後2時までに借り入れ手続きをしないと、申込申請した日に現金を手に入れることはできないことを念頭に置いておきましょう。近頃はキャッシングの申込方法も多く、個々の暮らしぶりや都合に応じた方法が用意されているので、大変使いやすくなったと評価されています。

カードローンの借り換えを検討するときに肝心なのが、「どの金融会社を利用するか?」です。審査は厳格ですが、一般的に大手銀行などの方が、消費者金融と並べてみても低金利に抑えられていると思って間違いないでしょう。高い評価を受けている消費者金融をランキング化してご紹介中です。いずれの業者で融資してもらおうか困惑しているなら、是非参考にしてほしいと思います。消費者金融にて決められている「収入証明書を提出することが求められる金額」とは、否が応でも提出を求められる金額であって、実際はそれより少ない金額でも、人によっては提出が必須となることがあるのです。「少しでも早く借金がしたい」という状況であるなら、どの消費者金融に申し込むのかはもの凄く重要になってきます。当サイトでは、キャッシュを手に取るまでが想像以上に早い消費者金融をランキング順に並べております。「即日融資対応可能」となっていたとしても、それを為し得るために必須とされる条件は、ローン業者ごとにバラバラです。この点に関して、それぞれ丁寧にお教えします。

カードローンサービス提供業者を比較しようとするときに、確認して欲しいポイントを伝授します。「カードローンを利用しようと考えているけど、どの業者を選べばいいかわからない」と悩んでいる人はぜひ参考になさってください。銀行やその子会社のおまとめローンは消費者金融に比べると低金利で、まとまった額のローンの取り扱いも行なっているので申し分ないのですが、審査をクリアするのが難しくて数日かかるのがデメリットです。新たに借入しようというような人の場合は、年収の3分の1を超えるような借金をすることはないと言えますので、はじめから総量規制の壁が立ちふさがるという心配は無用です。「給料日目前で友達と遊ぶことになった」などで早急にお金を入手しなければいけないというなら、無利息で貸付サービスを行っている銀行や消費者金融が存在していますので、こういったところを利用するのがおすすめです。平日のみに可能な即日融資でしたら、審査に通ったらすぐさま口座に入金してもらうことも可能なほか、カードローン用に作られたカードを用いて、自分で必要な分だけ出金するということもできます。大手銀行や消費者金融が推進しているカードローンの大半が、利便性の高い即日融資を強みとしており、申込申請したその日のうちに利用限度額の範囲内でお金を借りることができるので非常に重宝します。